【磐田】J2 36節 vs水戸ホーリーホック 【遠征記録】

ガンバのJ2時代に行って以来2回目のケーズデンキスタジアム。

朝起きて交通情報を見ると常磐道通行止めのお知らせ、、

そして重大事故であると分かる画像も。 

ってなわけで常磐道を使わずに水戸に向かうことに。

圏央道 あきる野→桶川北本インター まで行き未開通部分を下道で、白川菖蒲から再度乗り境町の終点まで。 そこから国道354号を使い常磐道 谷田部インターへ。

というルート。 11時に出発し14時半到着。

常磐道通行止め解除を待つより良かったのではと思ってます。 圏央道の白川菖蒲より先は対面通行のため追い越しができず、ダンプの集団がいてノソノソ。 それ以外は順調でした。

途中常総市の大雨の被災地と思われる場所も通りましたが、フェンスがひん曲がってたり家の一階部分がメチャメチャになってたり…  

1日も早い復興を祈ります。

さぁ水戸ホーリーホックのスタジアム ケーズデンキスタジアム!

 

今日はここから
 

ケーズデンキスタジアムの駐車場は無料。開門30分後くらいに到着し余裕で停めれました。 駐車場は未舗装の砂利の駐車場なので車は汚れます。

こじんまりとした立派なスタジアム。ゴール裏は芝生です。

 

最近のジュビロの試合はまったり観戦派なのでメインスタンドで。

  
メインサイド自由席はとても見やすいです。

  
スタグルもまずまず充実。

ただ、、 この試合の最大の敵は…

 
野焼き!!

試合前からスタジアム周辺で行われてる野焼きの煙がスタジアムを襲い…

メインからバックが霧で霞んで見えるような感じなのと…

煙くてゲホゲホなる、服や髪に臭いがつく。

これ、ピッチの選手も辛いだろうなーと。。

水戸の洗礼を受けました。

  さて試合。

ガンガン攻めるも本間の好守にあいゴールを奪えず

作戦通りのショートコーナーで失点

焦ってるかのような単調な攻撃を続けるも跳ね返され

前半終了

後半も同じような入り方。

ボールは支配するけどもゴールが遠く

ジェイも周りを使うとかせず、あとやる気の無さそうな俺が王様だみたいなプレーが多く…

サポーターは22分間耐久性Hot stuff。

徐々にミスが増え…時間だけが過ぎ…

徐々にチーム全体がイライラしてきて…

25番の精度の悪さ、9番のミスの多さ… 8番が何かあるたびに審判に文句ばっかりというプレーにこっちもイライラ。 35番もプレーが荒い。常に羽交締めにする感じの守備で本当に雑!!

そしてそのイライラを落ち着かせなきゃいけない監督が一番興奮してペットボトルを蹴った(らしく)退席。

森島や通訳がチンピラみたいにベンチから線審に野次るし… 退場者増えるんじゃないかと不安に…

   


暴れるスタッフ陣…

   
必死に静止する松森さん

からの小林祐希 の同点ゴール!

でも時間なく

ロスタイムのFKも壁

カミックが攻撃参加するも決めれず試合終了。。

 
こんなのでいいのか…  

こんなところで勝ち点落としていいのか…。。

それとサポーターの応援のバリエーションの無さと応援の切り方の雑さ。 何とかならんもんか。。中途半端すぎる。。

後半なんて3曲くらいしかやってないし。。交代した選手のコールもないし寂しいなー。

どうしてもポジティブに考えられない今季初のジュビロ観戦を終えました。

J2 第36節 野焼きデー 水戸1-1磐田

いや、勝ち点1取れたと思おう。頑張れジュビロ、J1戻るぞ!!

帰るときには常磐道の通行止めは解除されてて助かりました。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください