ブレーンストーミング

先日、業務改善会議を行いました。
普段は会社に口出しする部署じゃないけど、各々が思ってる会社をよくするための案をブレーンストーミング手法で話し合いました。


そもそもブレーンストーミングとは何ぞや?
ネットで調べると、

米国の広告代理店BBDOの副社長だったアレックス・オズボーンが考案した手法です。よく、「ブレスト」と短縮されて呼ばれています。
「会議で、お互いのアイデアに触発されあうことで、集団として良いアイデアを出していこうという思考法・発想法」となります。
他者のアイデアを絶対に批判しない
突飛なアイデア、つまらないアイデアも大歓迎
質より量
他者のアイデアへの乗っかかっりOK。
人のアイデアをひねると、別のアイデアとする。

っとあります。

とにかく思いついた事を23案ほど投げました。
現実的なものから微妙なものまで。
普段は活気の無い会議ですが、それなりに盛り上がったも思います。

ただ人によっては温度差がありますね。
案も考えず手ぶらでその場のノリで案を言うだけの人もいるくらい。
真剣に考えているのか、面倒臭がってるのか、やらされてる感丸出しなのかよく分かります。


ヘンテコな意見でも、そこから生まれる良案もあると思います。

個人的には面白かったけど、有用なブレストだったか?っと言われると正直微妙です。

まだまだですね。

とにかく経験積んでいきたいです。



— iPhoneから送信

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください