今日で一年。

東日本大震災から一年。
あの時の事は、まだしっかりと覚えてる。

普通に仕事して昼休みに買い物に行って、午後の仕事も集中が切れ出した頃にウェザーニュースの緊急地震速報アプリが鳴り出し震度1予測。

自分も同僚もTwitterに、また地震と書くくらい余裕がありました。

が、その直後くらいから揺れが収まらず激しくなるばかり。

物が倒れる音、悲鳴、立ってられない揺れ。
机の下に隠れました。

ビルが折れると思いました。

揺れが収まるまでに、かなりの時間が掛かりました。

その後、どうして良いのか分からず… 相方の安否も気になり、メールするも届かず。

とりあえずビルの外に避難する事にしましたが、どう避難するのかも分からず、ここでも時間が掛かってたような気がします。

外に出るとヘルメットを持っていたり、非常用持ち出し袋を持っている別の会社の人達。


うちの会社は何も持たずまとまらず、かなり差がありました。

携帯は繋がりませんでしたが、PHSは繋がりました。
相方の安否確認、実家へ無事だという事を報告。ワンセグで状況を確認。
この時に東北の様子を知りました。

まだ津波の事は分かりませんでしたが。

30分くらい外にいたかな、余震もありビルがグラグラ揺れる様子が本当に怖かった。

一度オフィスに戻り後片付けと帰り支度。
もちろん電車は止まってしまっているので営業車に分散して乗車。

積極的に遠方まで送ってくれる上司がいるなかで、自分の事しか考えず誰も乗せずに単独で帰る上司がいたり。


思い出すだけで許せない上司です。

信号が消えて渋滞もしている中、営業さんは車をかっ飛ばし、なんとか自宅に到着。

地震以上にこの車が怖かったです。
家に着き、まずは被害の確認。

会社の被害から考えるといろんな物が散乱してると思いきや、空き缶が倒れていただけでした。


すぐに相方を迎えに車に乗り東へ。
この時にガソリン補給したので、この後のガソリン不足を乗り切れました。通常一時間弱の距離ですが二時間半くらい掛かりました。

ラジオで被害の状況を確認しながらでしたが、その最中も余震がありました。

なんとか家に帰り、そこで初めて映像で地震と津波の被害を確認。

怖くて電気もテレビもつけたまま寝落ちしました。

一年前の事だけど、今でもしっかり覚えてます。


この一年で何か変わったか、自分の中での意識だけは変わったかもしれないけど、現実何かをしたかというと、何にもしていない。
同じ事が起きたら、きっと同じ行動をとるだろうって思う。

もっと意識して変えていかねばダメですね。

一年経ってもまだまだ復旧しない街もあります。本当に早く、元どおりとまではいかないけど、それに近い状態に戻ることを祈ります。


— iPhoneから送信

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください